ドッグランを作る前に草取りや庭木の伐採でスペースを確保しよう。

まずは庭を広くしよう!~犬が快適に過ごせる庭づくり~

庭の整備をしたらドッグラン作りスタート

なかなか満足にペットを散歩へ連れて行ってあげられていない人も中にはいるでしょう。犬は走り回って遊びたいですし、ストレスが溜まってしまいます。この機会に庭を整備してドッグランを作ってみませんか

草取りや庭木の伐採をしてドッグランを作る人が増えている

自宅にドッグランがあれば、犬の運動不足やストレスの解消になります。草取りや庭木の伐採を行なって庭のスペースを広くすることで、自宅に立派なドッグランを作ることができます。

ドッグランを作るメリット

走る犬

家の中で飼われている犬は、相当大きな家でないと思いっきり走り回ることができません。散歩をする時もリードでつながれているので、自由に動き回ることができずストレスが溜まっているかもしれません。しかし、家にドッグランがあれば犬にリードをつけずに自由に走り回らせることができるので、犬もストレスを発散できます。

楽しく遊びまわっています! (佐々木さん)

うちのココちゃんは外に繋げていました。近くにドッグランがないため、なかなか自由に遊ばせてあげることができませんでした。そこで庭にドッグランを作ってあげようと思い、草取りや庭木の伐採を業者にしてもらったんです。人工芝を植えたりウッドデッキを造ったりして、おかげで今でもココちゃんは毎日楽しそうに庭のドッグランで走り回っています。

草取りをしないと害虫被害に悩まされる

庭に生い茂っている雑草は、ダニなどの害虫にとって恰好の餌場です。そして、身を隠すこともできます。害虫の中には“マダニ”のように重篤な病気の感染源となる虫もいるので注意が必要です。犬はただでさえダニが付きやすいので、草取りをしないと更にダニが増えて、犬にも人間にも被害が及んでしまいます。

有毒植物を食べてしまう危険性

犬は飲み込んだ毛や汚物のせいで胃腸障害や胸やけを起こすことがあります。そのため、胃を刺激するために本能的に草花を食べ、飲み込んだものを一緒に吐き出して胃の健康を守ろうとする習性があります。しかし、口にする草の中には犬にとって有害な植物が含まれていることがあります。命の危険もあるため、草取りはしっかりと行なうようにしましょう。

安全を考えて庭木の伐採を行なう

チェーンソー

庭木が枯れていたり腐っていたりすると、強風で倒れてしまう危険性があります。また、見た目は何ともないように見えても、中が腐って空洞になっている庭木もあります。枯れたり腐ったりしている庭木をそのまま放置しておくと、いきなり折れて人や犬が怪我をしてしまうかもしれません。そうならないようにするためにも、庭木の伐採を業者に依頼しましょう。庭木の伐採は安全もそうですが、ドッグランのスペースを確保するためにも必要な作業です。

項目チェック!ドッグランを作った方が良い?

庭にドッグランを作ろうか悩んでいる人も多いでしょう。今から6つの項目を挙げるので、自分がいくつ当てはまるか確認してみてください。

  • 毎日散歩に連れていくのが大変。
  • 庭木が多くてメンテナンスが面倒になってきた。
  • 庭でわんちゃんをノーリードで遊ばせてあげたい。
  • 道路に飛び出したり有毒な植物を食べたりしないか心配で庭で遊ばせてあげられない。
  • わんちゃんを競技用に訓練したい。
  • わんちゃんを自分の子どものように溺愛している。

上の項目が3つ以上当てはまるという人は、庭にドッグランを作ればきっと満足できるでしょう。飼い主の負担もなく、尚且つ犬はストレスなく過ごせるので嬉しいことだらけです。是非検討してみてください。

草取りや庭木の伐採なら業者が行なってくれる

草取りや庭木の伐採は業者に依頼した方が効率良く作業が進みます。ここでは業者に作業を依頼するメリットについてご紹介します。

効率良く作業をしたいなら業者への依頼がおすすめ

草取りは自分でできないこともないですが、広範囲ともなると1人で作業するのは大変です。また、庭木の伐採に関しても、チェーンソーなどを使う場合は危険が伴うため、扱い方を誤ると大怪我をする可能性があります。効率良く、そして安全に作業するためにもプロに任せましょう。

TOPボタン